バリ島の日常❀オゴオゴと新年のニョピ 2020


バリ島は3月25日に ヒンドゥ教の新しい年 ニョピ を迎えました。

普段は お正月前には オゴオゴの準備 や ムラスティ という 海へ向かい祈りを捧げる儀式、そして

新年前のお寺への お参り。。



何かと行事が重なり バリ人は一番忙しい 時期となります。

そして 新年は静寂の時を迎えます。火を使わず 一日家の中で断食と静かに瞑想。。

これが 敬虔なヒンドゥ教の人々のお正月です。


日本の文化とは 全く反対のシンプルな お正月ですが、昨今の新型コロナウィルスの感染者が増加しているので世界中が ロックダウンに陥っていますね。

バリ島では まだ ロックダウン には至っておりませんが、

毎年ニョピには ロックダウン よりも 厳しい

一日を経験しますので、バリ島の人々は 意外になれているかもしれません。


いつもエネルギーの溢れる ポジティブ シンキングの バリ島の人々を うらやましく思います。


コロナウィルスのように 見えないもの が 怖い 意識は

バリ島の教えの中にも 沢山あり そのために 日々敬虔に祈りを捧げています。

今回のコロナの件で 新年のお祭り行事も マスク姿の人々が かなり増えました。



それでも 村人たちは 新年前の 儀式を一通り 続けます。






そして それは 待ち遠しい。楽しみが 一つだけ。 夜空を見上げること。

星空が 満天の星となり すごくきれいです。


日常生活 とは異なる目線で バリ島を 覗き、感じた一日でした。


今年もよろしくお願いします。








0回の閲覧

Villa Cemarah Inda No.13 Jalan Banjar Semer Kerobokan, Kuta Bali

Tel: 62-0361-737473

Email:info@manisweddings.com

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram